クーリングオフ
  クーリングオフTOP
クーリングオフ
訪問販売
電話勧誘販売
連鎖販売取引
特定継続的役務
業務提供誘引取引
割賦販売
不動産
内容証明
文面サンプル
事例別クーリングオフ
クーリングオフ判定
クーリングオフQ&A
クーリングオフ妨害
免責事項
サイトマップ  
 
お問い合わせください
    
クーリングオフの対象
 
訪問販売
キャッチセールス
電話勧誘
マルチ商法
ネットワークビジネス
催眠商法
SF商法
資格商法
内職商法
モニター商法
エステ
語学学校
英会話教室
家庭教師
学習塾
パソコン教室
結婚紹介所
結婚情報提供
クーリングオフの
ご相談が多いもの
 
エステ
化粧品
美顔器
下着
サプリメント
健康食品
リフォーム
毛皮
宝石
貴金属
布団
掃除機
教材
パソコン
データ入力
浄水器

シルクスクリーン
行政書士によるクーリングオフ代行
 

内容証明

 

内容証明とは

いつ、誰から誰あてに、どのような内容の文書が差し出されたかを証明してくれます。
内容証明郵便として郵便局が受け付けた日付は、確定日付となり、裁判で証拠能力が認められます。
配達証明を付けることによって、いつ配達したかについても証明してくれます。
 

内容証明を利用するとき

クーリングオフ
中途解約
債権回収
慰謝料請求
警告書の送付
※行政書士は代理人となって相手方と交渉することはできません。
 

内容証明郵便料金

郵便料金 80円(定型25gまでの場合)
内容証明料 420円(2枚目以降は1枚250円)
書留料 420円
配達証明(必要に応じて) 300円
 
 

内容証明の書き方

用紙

どのような紙でも構いません。
手書きでもパソコン等の印刷でもよい。

字数

縦書きの場合 1行20字以内 1枚26行以内
横書きの場合 1行20字以内 1枚26行以内
1行13字以内 1枚40行以内
1行26字以内 1枚20行以内

住所・氏名

差出人と受取人の住所と氏名を記入します。
記入は文面の最初でも最後でも構いません。
差出人の印鑑を押印します。

封筒

特に定められたものはありません。一般的なもので構いません。
 
必ず差出人と受取人の住所を、内容証明郵便の本文に記載の住所・氏名と同一でなくてはなりません。
封筒の裏に差出人の住所・氏名の記入を忘れないようにしましょう。
 
封をするのは郵便局での手続後です。

内容証明本文

同じもの3通作成(複写、コピーでOK)
1、相手方に送付
2、郵便局で保管
3、差出人の控え
 
2枚以上になる場合はのりやホッチキスでとめ、契印を押印します。
 
証明されるのは手紙の文章のみです、写真や資料は同封できません。
 

郵便局での手続き

取り扱う郵便局

内容証明郵便を取り扱うのは、集配郵便局と一部の無集配郵便局です。
事前に確認してから出向いてください。

持参するもの

内容証明3通
封をしない封筒

配達証明

相手方が郵便物を受け取ったことと、受け取った日付証明してくれるものです。
クーリングオフには必ず必要ではありませんが、配達証明を付けておくことをお勧めします。

手順

@窓口に内容証明3通を提出します。
配達証明付きの場合は、その旨申し出ます。
 
A郵便局職員が文面等をチェックします。
 
Bチェックが終わると、1通を封筒にいれ封印します。
 
C料金を支払い、控え1通、受領証を受け取ります。
Copyright (C) 2007 行政書士橋本事務所 All rights reserved