クーリングオフ
  クーリングオフTOP
クーリングオフ
訪問販売
電話勧誘販売
連鎖販売取引
特定継続的役務
業務提供誘引取引
割賦販売
不動産
内容証明
文面サンプル
事例別クーリングオフ
クーリングオフ判定
クーリングオフQ&A
クーリングオフ妨害
 
お問い合わせください
     
 
行政書士によるクーリングオフ代行
 
 

ある日突然、勝手に商品が送りつけられてきた

ネガティブオプション、送りつけ商法と呼ばれるものです。
資格商法や内職商法などの通信教育・教材などが多いようです。

まず大切なことは、保管義務がなくなるまでは、処分や使用をしない。ということです。期間経過前に商品を使用したり、消費した場合は、購入を承諾したものとみなされますので注意してください。

保管義務というのは、商品を受け取った日から14日間、または引き取りを請求してから7日間です。

この期間を過ぎますと、自由に処分ができます。
しかし、後のトラブル防止のためには、きちんと返したほうが無難です。

送りつけられた者の義務は、上記期間の保管義務と、引取りに来た場合の引渡し義務だけです。
返送する費用などは、一切負担する必要はありません。また、業者に連絡する義務もありません。

ただし、法人や個人事業主の方は気をつけてください。上記の原則は個人消費者に対してのもので、業者にはあてはまりません。送り先が事業者である場合は、きちんとした対応をしてください。
あえて個人事業主をターゲットにした送りつけもあります

業者へは毅然とした対応が必要です。身に覚えのないものが届いた場合は、はじめから専門家に依頼することをお勧めいたします。

この被害に一度遭うと、カモにされて二次被害、三次被害に遭ってしまいます。必ず専門家に相談・依頼してください。



Copyright (C) 2007 行政書士橋本事務所 All rights reserved