クーリングオフ判定
 クーリングオフTOPへ戻る

クーリングオフ判定

物品の販売または役務の提供(又はそのあっせん)の事業で、業務提供利益が得られると相手方を誘引し、その者と特定負担を伴う取引をするものをいいます。
 
業務提供利益
商品又は役務を利用する業務に従事することで得られる利益。
例えば、在宅ワーク、仕事、モニター業務、委託契約、請負契約、雇用契約など
 
特定負担
提供される業務に課されるノルマや業務に必要な研修への参加で、金銭的な負担があるもの。
商品購入費用のほか、登録料、入会金、保証金、研修費など
 
具体例
パソコンやソフトウェアを購入して、ホームページ制作の在宅ワークをする
販売される着物を購入して、展示会で接客する仕事を行う
パソコンの通信講座を受講して、入力業務を行う
 
上記に該当しますか?
 
はい いいえ
クーリングオフ判定をはじめからやり直す
 
Copyright (C) 2007 行政書士橋本事務所 All rights reserved