クーリングオフ妨害
 クーリングオフTOPへ戻る

クーリングオフ妨害

既に申し込みに基づいて動いているので料金は発生している。クーリングオフはできない
 
たとえ既に消費者のために何らかのサービスを提供していたり、業務を開始していても、クーリングオフ期間内であればクーリングオフできなくなることはありません
 
また、リフォームなどで工事を開始していても、原状回復義務が業者にはあり、その費用も業者が負担しなければなりません。
クーリングオフの場合は、既に工事を開始しているので、その分は返金できないなどの言い分は通りません。また、元に戻すなら費用を負担するように言われても、それは業者が負担すべき費用ですので、消費者が負担する必要はありません。
 
業者はよく、このあたりのことについてウソを言うことがありますので、くれぐれも注意してください。
 
クーリングオフ妨害に戻る
 
Copyright (C) 2007 行政書士橋本事務所 All rights reserved