クーリングオフ妨害
 クーリングオフTOPへ戻る

クーリングオフ妨害

クーリングオフを告げると、今から家に行くと言われた
 
クーリングオフを申し出た消費者に対して、クーリングオフを妨げるために威迫したり困惑させることは禁止されています。威迫や困惑とは、脅迫まではいかないものの、不安になるような行為をいいます。もちろん、脅迫行為は法律に違反します。
 
また、再勧誘することも禁止されています。
 
まずは、どのような目的があって家に来るのか聞いてみましょう。
 
クーリングオフ手続のために必要最小限の連絡は必要かも知れません。商品を受け取っている場合やお金を既に支払っている場合は、その処理方法について、何らかの連絡は必要になってきます。
 
それが、家に来る必要性があるかどうかが問題です。どうしても嫌な場合は、その旨を告げ、他の方法にしてもらいましょう。
そして、必要のない自宅への来訪は拒否してください。しつこくされたり、実際に家に来た場合はすぐに警察に連絡しましょう。
 
クーリングオフ妨害に戻る
 
Copyright (C) 2007 行政書士橋本事務所 All rights reserved